酵素サプリメントって何?

2020.10.01

酵素サプリメントって何がいいの?

酵素は体に良い、酵素はダイエットに良い。

酵素サプリメントに対して、そんな言葉を耳にしたり、イメージを持っていたりしませんか?

でも、実際のところ酵素サプリメントって「イマイチよくわからない」そんな風に思っている人も多いのではないでしょうか?

私たちは酵素の商品をメインにお仕事をしていますので、酵素についての質問もたくさん耳にします。

そこで、この記事では、酵素サプリメントって「イマイチよくわからない」を解消するために、酵素サプリメントの種類や目的についてご紹介していきたいと思います。

酵素を知る上で大切な2つのタイプ

酵素サプリメントを「イマイチよくわからない」存在にしている原因の1つが、酵素サプリメントのタイプの違いです。

日本で販売されいている酵素サプリメントの中には、大きく分けて2つのタイプがあります。

このタイプの違いによって、商品そのものが全く異なる物(異なるカテゴリー)となるため、使用目的も大きく変わってきます。

そのため、酵素サプリメントを活用したり、酵素サプリメントを選ぶ上で、このタイプの違いをしっかりと理解しておくことが酵素サプリメントを理解する上で大切です。

それでは、2つのタイプとは一体どんなタイプなのか、一緒にチェックしていきましょう。

活きた酵素が含まれていないタイプと含まれているタイプ

2つのタイプとは、活きた酵素が含まれていないタイプと含まれているタイプです。

文字で説明するだけでも大きな違いを感じると思います。
タイプごとにもう少し詳しく解説をしていきます。

活きた酵素が含まれていないタイプ

このタイプは、酵素ドリンクによく見られるタイプの酵素サプリメントです。日本では、このタイプの酵素サプリメントが酵素サプリメントとして一般認知されているケースが多いです。

このタイプの酵素サプリメントは、製造工程で熱処理が加わっているため、実際には活きた酵素は含まれていませんが、たくさんの種類の野菜や果物を熟成発酵させており、発酵工程で産生される酵素の力で、食事では食べ切れないほどの沢山の野菜や果物の栄養素を細かくドロドロの状態に分解させることで、手軽にたくさんの野菜や果物の栄養素を摂り入れることができるサプリメントとなっています。

そのため、日本では主にファスティングダイエットで使用されて酵素ブームが生まれたことで、酵素=ダイエットの認知が広まりました。

つまり、活きた酵素が含まれていないタイプの酵素サプリメントの主な目的は、
酵素の補給ではなく、沢山の野菜や果物の栄養素を一気に補給できる栄養補給がメインとなります。

活きた酵素が含まれているタイプ

一方で、活きた酵素が含まれているタイプの酵素サプリメントは、酵素を摂り入れることで酵素本来の力を期待したサプリメントとなります。

主に、食べた食事の消化をサポートすることを目的として使用されるケースが多いです。日本ではあまり馴染みがない、少数派のタイプですが、海外では酵素サプリメントといえば、消化をサポートするタイプの認識が一般的です。

薬局やスーパーなどでDigestive Enzyme Supplement(消化酵素サプリメント)としてたくさん販売されています。

また、このタイプの酵素サプリメントは、消化をサポートすることだけでなく、体内で不足しがちな酵素を補うことで、健康のケアや、体の成長、体のコンディショニングを目的として注目を集めています。

なぜ酵素が必要なのか?については

こちらで詳しくはこちらで解説します。

なぜ今酵素が必要?

目的に応じて選択することが大切

いかがだったでしょうか?

2つの大きく異なるタイプが混在している酵素サプリメントを一括りに「酵素サプリメント」としてしまえば、疑問や混乱が起き、イマイチよくわからないとなってしまうのも納得いただけると思います。

つまり、私たちが、自分の目的に合わせて酵素サプリメントの活用を検討したり、選択する上で、この2つのタイプを理解しておくことが非常に大切です。

求めているものは、栄養素なのか、酵素のちからなのか、を明確にするにすることです。

自分にはどのタイプの酵素サプリメントが必要なのかを是非考えるきっかけにしていただければと思います。

アバター

ASE 編集部

株式会サモリット/ ASE Online Store

  • TWITTER
  • Facebook
  • LINE