なぜ酵素が必要?

                2020.10.01

最近イマイチさえないなと感じる方へ。
酵素を意識すると、改善できるかもしれません。
なぜ酵素?そもそも酵素って何?と感じた方は是非チェックしてみてください。

酵素とは

私たちの体の中では、生命活動の上で、様々な働きを持っている酵素が活躍しています。

体の中で作られる酵素は体内酵素と言われており、生の野菜やフルーツに含まれる酵素を「食物酵素」と言います。

加齢とともに減ってしまう体内酵素

年齢別に酵素の分泌量を調べた研究では、加齢とともに体の中で作られる酵素の量が減っていることが見られます。

酵素の量が減ってしまうと私たちの健康的な体に影響を与えることになります。問題なのは、年齢や生活習慣によって体内酵素は日々減少していることです。

だから、酵素は絶えず外から補うことが健康な体づくりのポイントになるのです!

酵素を意識した食生活

体の中で作られる酵素の量は、個人差や限りがあると言われています。そのため、酵素の負担を抑えて、体内でつくる酵素の消費が節約できると、より健康的な体づくりや体調管理が期待できます!

食べ物から酵素を取り入れるときのポイント

酵素は熱に弱い性質があります。
そのため、酵素を取り入れることを目的とする場合は「生の状態」で食べましょう。
また、すりおろすと細胞が壊れて酵素が細胞外へ出てくるため、大根おろしやすり下ろしたフルーツなどもおすすめです。

その他、お薬やサプリメントなどの健康食品で、酵素を意識した商品が販売されています。
酵素は熱に弱い性質があるので、製造過程で「加熱していない」商品を選ぶことがポイントになりますね。

詳しくは次の記事でチェックしてみてください。

いかがでしたか?
食事のバランスを整えることに加え、酵素の働きが意識できると相乗効果が期待できますね。

ASE 編集部

株式会サモリット/ ASE Online Store

  • TWITTER
  • Facebook
  • LINE